コンビタ社のマヌカハニー

マヌカハニーの大手であるマヌカヘルス社と同様に、マヌカハニーを生産する会社であるコンビタ社を紹介いたします。

コンビタ社は、クロード・ストラトフォード氏により50年前に設立された会社です。
本社はニュージーランドですが、日本法人として2002年に設立した100%子会社であるコンビタ・ジャパンを設立しています。

コンビタ社のマヌカハニーコンビタ社は、蜂関連製品の主要な製造メーカーの一つであり、環境にやさしく、自然に効果がある製品を生み出すために、研究開発に多くのエネルギーを注いでいます。

コンビタ社のポリシーは「人の体を研究していく中で、自然の力を利用した商品が良い商品ということです。原料は高品質で環境に優しい天然成分でなければならないと考えています。」

またコンビタグループは、ニュージーランドの本社をはじめ、日本、イギリス、オーストラリア、香港、台湾、韓国などで展開しています。

コンビタ社では、マヌカハニーのほか、日本でも需要が高まっているマヌカハニーを元にした化粧品などを生産しています。

蜂蜜の仲間としてローヤルゼリーやプロポリスはいかがでしょうか。
ニュージーランドでは、マヌカハニーだけが作られているイメージですが、それ以外にも多くの商品があるのです。
扱っている商品の多くは健康食品と化粧品が中心で、化粧品についてもアンチエイジングに注力した商品がほとんどです。

例えば、口臭に効果的なプロポリスオーラルスプレーや、プロポリス入りの歯磨きなど、蜂に関連する商品を多数取り扱っています。

コンビタ社のマヌカハニーは他のメーカーと同じような製造方法でマヌカハニーの抗菌効果はUMFを採用しています。
コンビタ社のマヌカハニーは当然、添加物無しの無添加で、UMF値を好みに応じて選べます。

ニュージーランドのマヌカハニーが注目されているのは、他の地域では作ることのできない貴重な商品だからです。自然に自生しているマヌカの木から採れるマヌカハニーは、ニュージーランド特有の蜂蜜なのですから。

コンビタ社のマヌカハニーは、日本を始めとした世界各国に広まっています。
それは、世界の人々がマヌカハニーを求めているからでしょう。
ニュージーランドでしか採れないマヌカハニーの希少性が世界に人々にも理解されているからです。

関連ページ

  1. UMF15+、MGO100+以上の高級マヌカハニー
  2. アクティブマヌカハニーとは?
  3. コンビタ社のマヌカハニー
  4. 世界中の人が求めるマヌカハニー