マヌカハニーの効能・効果

マヌカハニーの効能・効果

マヌカハニーのイメージ

  • ピロリ菌に対する抗菌作用で胃炎・胃潰瘍にも!
  • インフルエンザウイルスに対する抗菌効果!
  • 口内炎や歯肉炎などのオーラルケアに!
  • 腸内環境の改善による免疫力アップ!
  • カロリーが砂糖より低いのでダイエットにもOK!

マヌカハニーの購入で失敗したくない方はこちらのショップがお勧め!

マヌカハニーなら eマヌカ.COM

マヌカハニー専門ショップeマヌカ.COMでは、抗菌成分であるMGO(メチオグリオキサール)の含有量表記がある蜂蜜を販売しており、MGO100+からMGO550+までのマヌカハニーを取り揃えています。

価格はこちらから
公式サイトへ

TNCのMGOマヌカハニー

TNCのマヌカハニーは、養蜂40年以上の日本人プロがニュージーランドで製品化した蜂蜜です。
1995年からマヌカハニーをお届けしていますが、ほとんどの顧客様がリピーターになるほど高品質な蜂蜜です。

量産品と違い、天然品の為、常時同様の製品があるわけではなく、手に入りにくい!
TNCのマヌカハニーが欲しい人は多く、次に訪問した時には既に完売になっている事も多い!

価格はこちらから
公式サイトへ

マヌカハニーの高い機能性と貴重性

あなたは、マヌカハニーという蜂蜜をご存じですか?
蜂蜜のなかでもさまざまな効果を持っている蜂蜜です。

マヌカハニーは、ニュージーランドで生産されており、ニュージーランドの原生林に自生するマヌカという木の花からとれます。

食べ方は通常の蜂蜜と変わりなく、パンにつけたり、料理に入れたりして使います。
日本でも健康の事を考えて蜂蜜を食べている人は多いでしょう。

ですが、マヌカハニーを食べている人はそれ程多くはありません。
なぜなら、輸入品しかないからです。もちろん、国内の販売店にて購入する事はできますが、その流通量が少ないのです。

マヌカハニーの効能についてご紹介します。というと何やら薬品のように感じられると思いますが、マヌカハニーは抗菌力が高いUMFという名前の成分が含まれています。

胃の中の悪名高い細菌として近年、胃がんの原因として知られる、ヘリコバクター。ピロリ菌に効果が高いと言うことが最近の研究でわかってきています。
マヌカハニーUMFの品質は、国が定めた基準があり、その基準を元にその量を計測する事で決まります。

一般的な蜂蜜でも、口内炎を治そうと子供に与えている方も多いでしょう。一般的な蜂蜜にも殺菌作用がありますが、マヌカハニーはその効果が強いのです。

ニュージーランドでは、その殺菌作用を生かして医療分野でも使用されています。
喉の痛み、腫れを軽減するために一般的にも使用されています。

また、殺菌作用がある為、やけどや切り傷にも使われます。他にも、胃腸の調子を整え、食欲不振、消化不良などを改善する働きもあります。

ニュージーランドの蜂蜜

健康を追求する人は、世界中の食べ物の中から健康に効果的なものを見つけようとします。
マヌカハニーもその中の一つで、ニュージーランドは、昔から自然がそのまま残っている国として知られています。

そんな、ニュージーランドでつくられているのがマヌカハニーという蜂蜜です。
マヌカハニーはニュージーランドに自生するマヌカの木からとれ、マヌカには抗菌性があり、その、マヌカの花からとれる蜂蜜にも抗菌性が強く残っています。

この性質が注目されるようになり、マヌカハニーを知る世界中の人に愛用されています。
もちろん、その生産量は多くはなく、世界中に十分な量を流通させる事はできません。
しかし、健康に深い関心を持っている人は、マヌカハニーを食べ続けています。

また、ニュージーランドに自生するマヌカハニーは人工的に栽培している訳でなく、自生するマヌカハニー取れる100%天然の食品と言えます。

ニュージーランドには、日本では失われた自然が多く残っています。
そんな大自然からとれるマヌカハニーは天然物ですから、とれる場所や気候に応じて色合いや味に違いがあります。

ですが、マヌカハニーの効果については、変わらないと思ってよいでしょう。
なぜなら、国が定めた基準によってUMFの通知が決められ品質を保っているからです。

マヌカハニーのUMF

マヌカハニーの効果を示す数値を表す単位にUMFがあります。UMFは(Unique Manuka Factor)の略でユニークマヌカファクターといいます。

ニュージーランドのワイカト大学のピーター・モラン博士が発見した検査方法により数値化されたものです。UMFは消毒液として使われるフェノールの効果と比較してその数値が決められます。

例えば、フェノール10%の消毒液と効果が同等ならUMF10という事になります。
マヌカハニーの効果はさまざまですが、その殺菌力に期待する場合、UMFの数値は重要な指標です。

その数値には5+、10+、15+、20+という数値が与えられ、数値が大きいほど殺菌力が強いという事です。
また、UMF表記できるのは、認定検査機関であるUMF協会という協会の検査によって認定されたものだけがUMFを表記できます。

しかし、UMFの表記はマヌカハニーの必要条件ではありません。
商品によってはUMFを表記していなかったり、マヌカハニーの効果を別の単位で現すMGOという表記の物もあります。

マヌカハニーのMGO

他にもMGOという単位があります。
ドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘンレ教授によって発見された食物メチルグリオキサールの量を数値化したものです。

つまりUMFはマヌカハニーの抗菌効果を数字にしたもの、MGOはその成分の含有量を数値化したものです。
表記の違いはありますが、それぞれの数値が大きくなればなるほど、成分の濃度や効果も上がる事になります。

また、それぞれの単位の換算表もありますので特にこだわりがなければ特に気にする必要はないでしょう。

UMF/MGOの換算表
UMF値 MGO値 効果の目安
UMF 5+ MGO 30+ 栄養補給を意識した通常のレベル
UMF 10+ MGO 100+ 日常生活に役立つ中間のレベル
UMF 16+ MGO 250+ 抗菌作用が認められるのに充分な抗菌活性レベル
UMF 20+ MGO 400+ 人間の持っている消化作用に役立つ良好なMGO抗菌活性レベル
UMF 25+ MGO 550+ 最も最高の抗菌活性レベル

日本国内でマヌカハニーを購入する場合は、通販サイトで購入できます。
マヌカハニーはニュージーランドの政府の管理の下に輸出されていますが、その場合もUMF、MGOの表記があるかどうかを確認してから購入するようにしましょう。

マヌカハニーを初めて購入する場合は、とりあえずめぼしをつけて購入するしかありません。
そして、舐めてみて味を確認しましょう。それが自分好みであれば再度購入すればよいのです。

マヌカハニーは一般的な蜂蜜とは違った独自の味があって好みも分かれるでしょうが、スプーン一杯のマヌカハニーが、風邪やインフルエンザなどを蹴散らすのです。

マヌカハニーのレビュー

健康食品やダイエット商品の口コミはたくさんあります。
蜂蜜の中でも特別な存在であるマヌカハニーのレビューを紹介します。

蜂蜜が健康によいことは多くの人々が認めていますよね。

では、マヌカハニーはどうでしょう?

高品質が売りのマヌカハニーですが、価格が高いと敬遠されるマヌカハニーですがニュージーランドで購入すると格安ですよ。

当然、国内ですから安くしています。
また、ニュージーランドに行く機会があれば、観光地ばかりでなく、地元の人が行くようなお店を覗いてみましょう。

地元の小売店で直接安く購入できます。
UMFやMGOの表記があれば、品質は間違いありません。

また、お隣のオーストラリアでも、日本の50%の価格で購入できるそうです。

試しに舐めてみるとその違いは明らかです!
一般的な蜂蜜に慣れている人は、最初は戸惑うかもしれません。

ですが、慣れてくるとだんだんハマってしまいました。
マヌカハニーはもう手放せなくなりますよ^^。